知っているようで知らなかったOPP袋のヒミツ

どんな種類がOPP袋と呼ばれているのか

OPP袋という言葉をよく目にする機会が多くなりましたが、OPP袋とはどんなタイプの袋を意味しているのでしょうか。こちらではOPP袋について分かりやすく説明していきます。


OPP袋の特徴について

OPPという名前は業者の間で呼ばれている通称です。正式な名前は2軸延伸ポリプロピレンと言って、英訳するとOriented Polypropyleneとなります。そのためOPPと呼んでいるわけです。その特徴ですが、見た目には透明でフィルム状になっています。延伸性があるので強度があることから、丈夫な袋として重宝されています。


しかし、ビニールとビニールの接合部分は避けやすいという特徴もあります。強引に袋の容量異常に入れようとすると、ビニールそのものは耐えてくれるものの接合部分が破けてしまう可能性が高くなってしまいます。コシがあってひっぱったりしても破れないという性質もありますが、接着部分には注意を払う必要があるでしょう。


印刷することも可能で、発色が大変いいので小売商品を梱包するときに見栄えが大変よくなるという大きなメリットがあります。小売業ではOPP袋を導入しているところが非常に多いのは、素材の品質だけでなく印刷インクの発色のよさもあるからなのです。


その他の特徴もいくつかご紹介します。耐熱性について、およそ130℃まで耐えることができるのもOPPの大きな特徴です。強度があってコシがあることが影響するのでしょう。また、防湿性が非常に高いので、例えばおせんべいなど食べ残しがあれば、OPP袋に入れて保存しておくと湿気から守ることができます。


どんな場面でOPP袋が使われているのか

やはり強度があることと透明であるので、商品を入れるという場面で多く使われています。小売商品を入れるとき、そのほかダイレクトメールでもOPP袋が使われていますね。ポストに入っているダイレクトメールを思い浮かべれば、OPP袋がどんな素材の袋なのかすぐにピンと来るのではないでしょうか。やはり透明度が大変高いので、中に入っているものがはっきり見えるというのは、購入者にとって大変便利なことは言うまでもありません。中身がよく見えないのに買いたいとは思いませんからね。


DM封筒の主流商品:A4サイズのOPP袋


Pick-Up TOPICS

OPP袋の激安情報

色んな場面で使い勝手のあるOPP袋。使い勝手がいいということは、使う場面がたくさんあるということです。それを考えると少しでも安い値段で買いたい、そんなときこそOPP袋の激安情報をくまなくチェックしてみませんか?

詳細はこちら
送料無料でOPP袋が購入できる?

OPP袋は日常生活を送っていれば色んな場面で目にすることがあります。それだけ使用頻度が高いものですから、出来ればお得に購入できたら助かりますね。特にネットショップの場合は送料がかかってしまうことがあり、お店で直接購入するよりも割高になってしまう傾向があります。そこで送料無料サービスに着目してみました。

詳細はこちら
100円ショップでもOPP袋を取り扱っているのか

OPP袋と聞くと何か専門の袋だから特別な品物ではないか、と思う方もいるようですが、私たちの身近なところで使われているものなので、手に入れることも難しくはありません。とても身近なお店で売られている入手しやすい商品です。

詳細はこちら

twitter & Bookmark

      このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載情報の参照記事

OPP封筒を激安で販売

運営者情報

販促Goods.net

免責事項

当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。